稲畑どろんこ会

「地元の文化を守り、地域に活力を」これが、私達の原点です。生まれ育った地域の自然と文化を守り、将来を見据えた魅力ある地域づくりを目指してまいります。




活動報告

稲畑どろんこ会の今までの活動をご紹介します。

coming soon



MADE IN 稲畑

「稲畑」の土壌が育む有機野菜です。どれも恥じることのない一品です。

◎お米(俵米たわらまい)
稲畑の土壌が作り上げた画期的な味わいを持つ「俵米」です。癖になりますよ!
--9月下旬には皆様の食卓に花を添えます。「有機米」も平成23年から始めています!--

◎もち米
お米より若干遅く植えます。餅本来の粘り気がお口の中を幸せにしてくれます。
--10月初旬には、いつでも新鮮なお餅が手に入ります。--

◎小豆(あずき)
丹波原産「大納言小豆」ですよ。
--11月中旬収穫予定ですが、今年も12月には収穫していきます。--

◎黒豆(Made in 丹波)
稲畑の土壌に馴染んだ型の崩れにくい芳醇な仕上がりです。ビールのおつまみにどうぞ!
--収穫は9月中旬~10月いっぱい!--

◎当帰(とうき)
再び始めました。女性の味方というかお助けマン!
--7月頃から葉採り。最後には漢方薬として活躍します。--

◎鬱金(ウコン)
漢方薬ですよ。カレー粉にも入ってます。※100g500円で絶賛販売中!
--今年も少し作ってます!--

◎生姜(しょうが)
結構いけてます
--10月上旬収穫してます。-- 

◎黒豆(正月用)
稲畑の土壌に馴染んだ型の崩れにくい芳醇な仕上がりです。
--12月収穫予定です。昨年も多くの皆様に喜んでいただきました。--

◎黒胡麻
この地では、僅かながら生産されていましたが、本格的に私たちが挑戦しています。
--9月の収穫に向けて6月に種を捲きます。丹波の黒ゴマが世に出てきました。--

◎小 麦
梅雨を迎える頃収穫を始めます。冬場に田圃が遊ぶことなく土を活かせます。
--6月頃に収穫します。--



INFORMATION

農事組合法人 稲畑どろんこ会(法人設立日 2007年1月9日)

◆規範◆
・農業のプロを目指す
・仲間意識をもつ
・お互い自助努力する
・誇りをもつ

◆スローガン◆
どろんこになって働く

◆実行◆
・水田全面請負
・農地の管理
・耕起作業
・田植作業
・施肥作業
・稲刈作業
・乾燥/調整作業
その他なんでも相談に応じます


求人情報

coming soon